Xbox white one

Xbox関連の情報を収集するために立ち上げました。
正直、自分でもなんで立ち上げたのか、よくわかりません。

Xbox360 デススマイルズは青春。

今日、会社の人間に
デススマイルズと同2の限定版を譲ってもらった。
ちなみに通常版とDL版は持ってる。






デススマイルズの1が出た頃は、
確か丁度引っ越しでお金が全然なかったような。
2が出た頃も金欠気味だったなぁ。

限定版の保存状態が非常に良くて、
サントラも未開封でした!

これは超嬉しい!

Xbox oneで遊ぶ格闘ゲーム。

oneで遊べる格闘ゲームは3つある。

デッド・オア・アライブ5Last Round、
ブレイブルー クロノファンタズマ エクステンド、
上記の2つはPS4でも遊ぶことができるが、
oneオンリーのタイトルもある。

それがKILLER INSTINCTだ。
これ、昔Nintendo64で日本で
発売予定だった格闘ゲームなんだよね。
海外で結構人気あったみたいで、
今プレイできるのは純粋に嬉しい。 
1,2共にoneでプレイ可能。
めちゃくちゃCPU強いけど、それは時代よ! 多分。

そしてF2Pになった最新作も
Oneでプレイ可能なのはいいね!



ほとんどプレイしてなかったから、
ちょっとやってみよう。 



こっちでもカグラとのコラボやってるのね!

BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND
アークシステムワークス
2015-04-23


実はPS4版よりも、こっちをやっています。

アーケードスティック欲しくなってきたな……。

 

初代Xbox 悪夢と幸福。

マジデスの悪夢も醒めぬまま、
次の悪夢を見ることになるとは……。

アーマードコアで有名なフロムソフトウェアが、
ロボットものの新作を出す! 

これは黙ってられないわけですよ。
個人的にはキングスフィールドが好きだったんですけど、
その、パッケージの赤い機体に、もうメロメロになって、
予約までしてたんですよ。

ゲーム買ってきて、夕方だったので風呂入って、
Xbox オーン!!

叢 -MURAKUMO-
フロム・ソフトウェア
2002-07-25


ゲームが思っていたのと全然違ってて、
リアルな街での鬼ごっこというのが新鮮ではあったものの、
単調でもあったんだよね。

で、後日、同日発売のクレイジータクシー3をプレイしたら、
こっちがメチャクチャ面白かったのよ!



一週間くらいどこも再入荷待ちだったような気がする。
最初からこれを買っておけばとメチャ後悔した。

そして、9月……。
遂にコイツが姿を現す。

鉄騎
カプコン
2002-09-12


コントローラがめちゃくちゃ大きい。
入ってる箱が本体2個くらい分の大きさがあったような気がする。

テレビの前がほとんどそれで埋まるくらい。
確かペダルがあってそのために、コントローラ自体を
机か台に置かなくちゃいけなかったような気が。

行動を起こすとボタンが光ったり、
本当に自分でロボットを動かしてる気になれるのが凄まじかった。
ゲームはヘタだったのですぐに脱出ボタンを押すハメになったけどね。

こういうアホなことをマジメに出来てしまうのがXbox。
俺はXboxの虜になった。

そして9月の最後にDCからXboxに移行になった
伝説のタイトル、ブレイブナイトが発売される。

BraveKnight~リーヴェラント英雄伝~
パンサーソフトウェア
2002-09-26


独特のキャラグラフィックに賛否両論あったものの、
やはりパンサーソフトウェア、かなり荒削りなんだけど、
遊べてしまうその技巧に驚いた覚えがある。

この辺りで、Xbox、いけるんじゃ? になった。

相変わらずメタルダンジョンと斬・歌舞伎は週1で起動してた。
新しい仕事が決まって、ゲームは1日1時間規模になっていたが、
そんなこと気にせず、とりあえずプレイしていく姿勢は崩さなかった。

 

Xbox360 シューティングハードとして優秀だったなぁ。

今でもXbox360は起動することが多い。
最初にシューティングハードとして意識したのが
5pbの出したこれだったかな。
 






あまりうまくないので実績的に途中から進みづらくなったけど、
2Dシューティングの面白さを教えてくれたのは間違いなくこの作品だった。

その後にハマりまくったのがこのデススマイルズ。
ゲーセンでもプレイしまくったけど、この家庭用版は出来が良くて、
毎日2~3時間プレイしていたかな。


 
今、スマホアプリで出てるあの作品も
ルーツはこれっぽいので、触りたいんですけどね……時間が。
 

初代Xbox 合言葉は「マジデスか?」。

この頃に就職した会社を辞めることになり、
7月から無職だぜ、ヒャッハー!! モード。

そして迎える7/4。
マジデスの発売日だ。




その前日、もうつぶれてしまったが、 
かろうじてXboxの新作を取り扱っていた店に行っても入荷予定なしだった。
この頃は普通にフライングゲットできる店が多かったので、
(良い子はゲームのフライングゲットなんてやっちゃダメだよ!)
自転車を飛ばしまくり、探しまくり、5件目の店で買えた。 
家からかなり遠いところで、夏のせいか本気で死に掛けた。

早速帰って、Xboxオーーーーン!!



……ひとつ判ったのは、マジデスはマジカルデスマッチの略称だったこと、
ゲームのムービーは、セガサターンの死ねパック……じゃなかった
シネパックのような感じで、何一つ、今のゲーム感が無い内容だった。

あと声優の声がかなり違和感のあるもので、
「カンカン行くぜ!」だけは何故か頭に残ってる。

ゲームシステムも爽快感皆無、諸行無常な出来で、
このクオリティのものが市場にあること自体がかなりヤバいと感じてしまった。
今ならDLソフトで無料配布くらいでなら許してあげるかもしれない。
後で公開されるが初週の売上げが98本?だったという話を聞いて納得。

「奥さん、マジデスか?」

「マジデスファイト!」 が、自分の中で流行語に。

しかし、無職なので時間はある。
たーっぷり遊びましたよ、ええ。

今だから言えることがある。

時間の無駄でした、と。

ただ、後世まで伝えられるネタが
手に入った意味では良かったのかもしれません。
しかし、その時は気がついていませんでした。
 
月末の魔物に……

スリー トゥー ワン、 カンタック!!

叢 -MURAKUMO-
フロム・ソフトウェア
2002-07-25

 
ギャラリー
アーカイブ
人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ